活動報告Report

  • TOP
  • すべて
  • 報告
  • レリジョンズ フォー ピース・インド 独立記念日を祝う

2022/08/30

レリジョンズ フォー ピース・インド 独立記念日を祝う

報告 |

2022年8月15日、インド独立75周年を記念して、Religions for Peace (RfP) Indiaは、インド国内の宗教間の調和と理解を促進するためにオンラインイベントを開催しました。

RfPインドの青年委員会は、平和のための諸宗教の祈りでイベントを開始しました。

国内各地から、異なる信仰の伝統を受け継ぐ若者たちが参加しました。Saksham Vishal Sood氏はヒンドゥー教の伝統である「ガヤトリー・マントラ」を唱え、Joel George Alex氏は聖書を読み、現在の状況における聖書の節の意味を説明しました。

続いてAyesha Samahさんがコーランの “Sura Al Anfal “と “Al Furqan “を読み上げました。Pearl Chawla氏はシーク教の伝統である「Ek Om Kar」を、Tseylha Wangdu氏は仏教の伝統である2つのお経を朗読し、Arham Jain氏はジャイナ教の伝統である祈りを捧げました。

最後に、「Unity in Diversity(多様性の中の統一)」というスローガンのもと、黙祷が捧げられ、祈りの集いは幕を閉じました。

RfP Indiaの事務総長であるVasudevan氏は、マハトマ・ガンジーの指導の下、非暴力による自由への闘い、独立したばかりの国家が直面した大きな問題、過去75年間のインドの目覚しい成果と今後の課題など、様々な歴史的側面を振り返りながら挨拶しました。

また、国の現状と団結の必要性について、「インドは古くからある、多文化・多宗教の国。相違があるのは当然である。それらを解決し、和解させる最善の方法は、宗教間、多宗教間の理解と相互寛容のアプローチである。平和で調和のとれた共存のためには、他者を尊重することが絶対に必要である」と述べられました。

講演に続いて、Zuhaib Khan氏が、Vasudevan事務総長が述べた多元的な価値観を表現する音楽を披露しました。

Deepali Bhanot博士は、「多宗教、多文化、多言語社会における平和な存在と調和のとれた関係は、我々とは異なる人々に対する尊敬、理解、受容、感謝の4つの原則に基づいている。」と述べられました。

アブドゥル・マブード氏は、「インド社会の多文化主義、多元主義、宗教間の価値観の基盤が、過去約8年間の政権によって組織的に破壊されているインドの現状を改めて指摘しました。「私たちの社会の何世紀も前の価値を守るために、現在進行中の攻撃に断固として立ち向かわなければならない時が来ている。私たちの多元的な文化、複数の価値観、宗教間の理解を再生するために、人々、特に若者と粘り強く取り組むことが、今、必要である」とコメント。

司会を務めたShameer Rishad氏は閉会の辞を述べ、出席者全員に感謝の意を表しました。「多くの若者がこのイベントに参加してくれたことを本当に嬉しく思っています。最後に、日本からはるばるこのイベントに参加してくれた東京事務局の吉田達也さんに感謝します!」と挨拶。

イベントの最後には、Aditi Raoさんによるインド国歌のバイオリン演奏が行われました。

最新記事

2022/08/30 報告 |

レリジョンズ フォー ピース・インド 独立記念日を祝う

報告 |
2022/08/26 デジタル報告書 |

人身取引防止セミナーデジタル報告書 Anti-Human Trafficking Seminars’ Digital Report

デジタル報告書 |
2022/05/27 報告 |

2022年ACRP執行役員会議をオンラインで開催

報告 |