活動報告Report

  • TOP
  • すべて
  • 報告
  • レリジョンズ・フォー・ピースがFPCC実績調査会議に参加

2024/01/18

レリジョンズ・フォー・ピースがFPCC実績調査会議に参加

報告 |

2024年1月16日から17日、レリジョンズ・フォー・ピース、ユニセフ、Joint Learning Initiative on Faith & Local Communitiesや様々な信仰に基づく組織などの主要パートナーと共に、ケニア(ナイロビ)にて、「子ども、家族、コミュニティのための宗教と前向きな行動変容(FPCC)」イニシアティブの第1期5年間の進展と成果に関するレビューと評価会議を開催しました。

会議の目的は、状況の変化や新たな課題、問題を理解し、プライオリティを再調整することでした。子どもに関する活動をする機関が直面するさまざまな問題や課題に対応し、それに取り組む信仰の関わりとして、FPCCをより効果的なものにすることが期待されています。もうひとつの焦点は、世界レベル、地域レベル、国レベルにおいて、有意義でより多くの信仰の関与を促進するために、調整と協力を強化することです。

このパートナーシップにおいて、活動の最前線にいる宗教関係者を巻き込むことです。 これは、昨年ネパールで行われたFPCCカトマンズ地域信仰指導者サミットでの声明に沿ったものであり、多様な精神性や信仰の伝統に基づき、子どもたちが最高の可能性を伸ばし、幸福を促進するための最善の環境を提供するためには、協力が重要であることを強調しています。

レリジョンズ・フォー・ピースからの代表団は以下の通り(英語表記);

Ms. Deepika Singh, Associate Secretary General of Religions for Peace International; Dr. Francis Kuria Kagema-Secretary General, RfP-African Council of Religious Leaders (ACRL), Elias Szczytnicki, Secretary General of Latin American and Caribbean Council of Religious Leaders (LACCRL), Jimmy Obuya, RfP International Global FPCC Coordinator; Dr. Rozilla Adhiambo, ACRL FPCC Regional Coordinator; Pablito Baybado, Jr, RfP Asia FPCC Regional Coordinator; Ms. Huma Ikramullah Khan, Secretary General, RfP Pakistan; Irene Kizito, Deputy Executive Director Interreligious Council of Kenya (IRC Kenya); Janet Mwende, IRC Kenya; Sarah Mokaya, ACRL; Sivers Hamukoma, Zambia Interfaith Networking Group; Sheikh Issa Traore, RfP Mali; and, Conrado Flavio, Religions for Peace Brazil.

レリジョンズ・フォー・ピースは、世界、地域、国、地域レベルで、平和のための効果的な諸宗教協力を推進するための取り組みを主導することに取り組んでいます。その上で、同じレベルで組織された宗教共同体が、これらの取り組みにおいて適切なリーダーシップを発揮し、主体性を確保することに重点を置いています。平和と幸福の共有のための諸宗教協力は、 レリジョンズ・フォー・ピース の特徴です。この協力には対話だけにとどまらず、共通の具体的行動として実を結びます。

 

 

最新記事

2024/02/23 すべて |

「戦争を超え、和解へ」諸宗教平和円卓会議 第2回東京平和円卓会議 声明文発表

すべて |
2024/02/03 報告 |

「諸宗教活動における優れた女性」受賞者発表

報告 |
2024/01/18 報告 |

ディピカ・シン(レリジョンズ・フォー・ピース国際副事務総長)がFPCC実績調査会議で登壇

報告 |